スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットワークビジネス(またの名をMLM)とは

● ネットワークビジネス (またの名をMLM)とは?
 
今、かなりの日本記号は、長引く不況の根本的改革として、一般流通方式であるSLM(Single-Level Marketing)から、MLM(Multi-Level Marketing)へと移行しています。
MLMとは、マルチレベル・マーケティングと発音し、アメリカで生まれた流通方式です。
(最近ではネットワークビジネスもMLMと呼ばれることが多い。
有名なのは、なんといってもAmwayでしょう。

Amwayは、1959年、アメリカで生まれ、母体は、ニュートリ・ライト社のディストリビューターが設立しました。
多目的洗剤「フリスク」をネットワークの媒体製品としてスタートしました。

 日本上陸は、本国のアメリカより20年遅れ1979年です。
当時は、MLMに対して反対もなく、ビジネス展開が容易であった反面、誤ったビジネス展開により、様々な意見が噴出し、最近では、国会でも「国民生活センターへの問い合わせが多い。」と話題になりました。
会員が、100万人レベルのMLMプランは、拡大が非常に難しくなり、多くの脱落者を生み、国民生活センターへの相談・苦情殺到という形で現れました。

 現在、日本のMLM人口は、世界で最も多く、その約41%を秘めています。
また、売り上げでも、世界の半分が日本のMLM関連によるものであり、MLM本国のアメリカの2倍です。
つまり、アメリカで生まれたMLMは、日本で開花したといえるでしょう。

しかし、MLM本国アメリカでも、10年続くMLM企業は、ほんの一握りであり、1000社に1社しか残れません。
それだけに、多くのMLM企業が日本に入ってきている現状を考えると、もっとMLMに対して、慎重な選択思考が求められます。
客観的な目を持ってMLMに接する心構えが必要であり、用意周到なチェックをして、のちに問題を起こさないようにしなければなりません。
そして、努力に見合った納得いく収入を得られるマーケティングプランかを見極める必要もあります。

 これからも優秀な日本企業は、MLMを真剣に研究し学び、本家米国MLM以上のサービスを我々に提供していくでしょう。
今後、日本のMLMは、ますます発展することは、間違いありません。

 ネットワークビジネスは、一部の方には「ねずみ講」とか「マルチ」とか言われますが、法的には、連鎖販売取引という合法ビジネスです。
しかし仕組み自体同じに見えるため・・・
「ではどこが違うの?」と言われて、完全に答えられる人は少ないと思われます。
ネットワークビジネスの本来の目的とは消費者による口コミにより安くて高品質な製品を普及させるということです。
ネットワークビジネスは子会員からの紹介で始まった方たちの取り扱製品の購入額の一部をほーなすとして収入になるように、システムを組んでいます。
(普及プログラムといいます。)
このシステムは、うまく行えば数年後には月収1000万円ということも実際にはあり得ますし、そういう方も実際にいます。
しかしそれは、稀な例です。
ふつうは、やはり努力したなりの収入となります。
これは、どんな仕事にも言えることです。


資料請求は ↓
BSC410



● どうしてネットワークビジネスが注目されるようになったのでしょうか?
 日本がネットワークビジネス最先端国なのに、感覚的にあまり受け入れられていない部分があります。
アメリカではパーソナルケア製品の大半の流通が連鎖販売取引によるものと言われています。
それは一般に店頭に販売されているものと比べても製品が良くて安いからです。
なぜ製品が良いかは、消費者による口コミのみの販売のため、代理店・卸問屋・販売店という流通にかかる中間マージンがかからないことや、CMなどによる広告費が要らないため、原材料費そのものに、店頭で市販されているものよりも、何十倍もかけられる為です。
製品が良くて安ければリピートがあって当然ですし、長年その仕事にかかわっていれば信用も重なり月ずきの収入も増えるわけです。
資本の必要もなく独立収入を得ることも可能なわけなのですから、初めはサイドビジネスとして初めても本業に切り替えていく方が沢山います。

● 新時代のネットワークマーケティングシステム
 このシステムとテクノロジーはごく普通の人々が、資産つくりを可能にします。
ネットワークマーケティングの歴史は60数年前に誕生しました。
初期の段階は、先進的な製品を普及させるために、愛用者が口コミで知人に広めました。
このピラミッと型に広がった愛用者のネットワークをそのまま流通綱にしてしまうという画期的な直販方法が誕生しました。
このネットワークマーケティングの拠点例である、Amway者をねずみ講ではなく合法的なビジネスであるとアメリカ合衆国は裁定しました。

 現在進行中の新時代のネットワークマーケティングシステムは、何よりも簡単さを重視しています。
例えば新人ディストリビューターは、初めての顧客勧誘の時でも、ベテランのリクルーターが協力してくれます。
また、勧誘したい相手には、リクルート用ビデオを貸し出すだけでよかったりします。
そして衛星経由で直接自宅まで送られてくるインフォメーションにおいて、わざわざ講習会場まで出向く必要もないというような、先進的組織もあります。
また、商品に関しても、自分で在庫を持ったり、すべての事務処理をこなす必要もありません。
コンピューター化され、自動化された注文処理システムは、どの組織でも標準で装備されています。
それはごく普通の女性でも経済的自立を実現に達成させてくれる予感を感じさせます。

● ネットワークビジネスの4つの魅力

● 時間が自由
ネットワークビジネスは、メンバーの一人一人が皆自営業者と言える。
出社時刻が定められているわけではなく、労働時間も自分の都合で自由に決めることが可能です。
サイドビジネスから始めて、軌道に乗ってくれば本業にすることもできます。

● 小資本ビジネス
独立開業を考える人にとって初期投資がいくらかかるかは大きな問題です。
その点ネットワークビジネスは小資本での開業が可能です。
2万円未満のビジネスキットを購入するか、普及すべき商品の愛用者になるか、そのどりらかが開業の条件にしています。

● 生涯ビジネス
サラリーマンには定年があります。
しかし、ネットワークビジネスには、いつまでも続けることができますし、自分の資格を子孫に引き渡すことが可能なシステムもあるので、親子代々受け継がれるファミリービジネスとして取り組むことも可能です。

● 努力をすれば高収入も可能
ネットワークビジネスはダウンのメンバーの業績も収入につながります。
組織が大きくなると信じられないほどの利益がもたらされることもあります。
年収1億円を超える人も存在します。
もちろん、才能と人一倍の努力をした結果であることは当然です。
しかし、今の会社にこれほどのドリームはそうないでしょう。

● 選択のポイントと重要性 及び安全性

いい会社の見分け方
 
現在、日本国内にはこの種の形態をとっている組織は千数百社に及び、その選択には十分な考慮が必要です。
もし、あなたが初めてこの種の仕事をしようとする人なら、なおさら慎重にならざるをえないでしょう。

※ 法律に準じて経営をしているか?
一般的にネットワークの仕事には訪問販売法の連鎖販売取引という適用があります。
この適用にしたがってビジネスを進めている会社であれば問題はないのですが、中には「この適用の対象でない」としている組織も多く存在しているのが現状です。
特定負担等の提示説明がないネットワークは極めて好ましくありません。
あなたが今検討しているネットワークがあるとしたら、最優先でこの連鎖販売取引の枠内での仕事かどうかを確認するべき出よう。
ただ単にも儲かるからとか、可能性がるから、などということだけで決めてしまうのは非常に危険です。

※MLM設立が新しいか?
 設立が新しいことのメリットは、古い報酬プランを参考により良い報酬プランを生み出せる点です。
難波委員として登録する人々にとって、報酬プランはいうなれば、祖のMLM企業の給与体系そのものですから無視できない一番の注目点です。
製品が素晴らしいことは当然であるが、この報酬プランも素晴らしいのが必要なのです。
MLM初心者にとってこの報酬プランは、一度には理解しがたく、他の報酬プランとの比較検討がなかなかできないものと思われます。
この問題を解決する一つの目安は、その企業設立が1990年以降であるかどうかということです。
これに該当するMLM企業は、従来の報酬プランをよく研究した上で、その問題点を取り除き、よりメリットのある報酬プランを打ち建てています。
MLMの場合、老舗とか歴史があるというのは、旧態依然をあらわします。
報酬プランが新しくても、すぐ消えるような企業では困りますし、設立後、5年が一つの基準となるでしょう。

※ 商品構成の面から
1.市場性のある商品群であること。
(特定の高額商品や、今すぐ必要とはいえない非必要品や非急用品は不適だと思われます。)

2.消耗品であることが好ましい。
(高額耐久品は、被害者がでやすく、もちろんあなたが加害者になる可能性もあります。)

3.理解しやすく伝えやすい商品であること。
(あなたがわからないものは、他の人にも伝えにくく、広がりません。)

4.手ごろな価格帯であること。
(高額品その利益幅に目がくらみ、押し付け販売的になる。)

5.バージョンアップが頻繁に行えるシステム(自社製造)であること。
(市場のニーズをとらえ、時代遅れにならない商品を紹介できる。)

消費者の声は、一番にその会社に届きます。
消費者の製造品に対する声とは、製品の改善提案であったり、こんな製品が欲しいという声であったりします。
この焼死者の声を、いち早く取り柄れて、良い製品をタイムリーに提供できるのは、自社開発を行っている企業でなくてはできません。
製品は、栄養補給品、一般消費材、化粧品、耐久品、通信関係、その他の順でメリットがあります。
MLMで取り扱う製品は、できるだけ毎日使う消耗品が一番です。
そうでないもの例えば、高級で高額なものは、だれでもが気軽に何回も買うものではないからです。
但し、商品ラインナップには、少々高額で誰もが欲しがる製品があれば、売り上げ成績も上がるので、あったほうが良いでしょう。
MLMで扱う製品は、一般消消費財が一番です。

MLMでの販売製品として適している順番は以下に述べます。

1.一般消耗品、健康食品・栄養補給剤、歯磨き、基礎化粧品、服
2.高額消費材美容化粧品、家電製品、コンピュータ、オーディオ、装飾品
3.耐久品家具、自動車部品
4.高額製品自動車、家、その他、

システム面からMLMをはじめる人は、たいてい他にも仕事がある。
なぜなら、MLM出始めてすぐに高額の収入を得ることは不可能であるからだ。
会社勤めなら、入社してすぐ給料はもらえる。

しかし、MLMは販売員登録してもすぐには給料(報酬金)は、もらえないか、もらえても少額です。
最初は、ほとんどの人の場合、副業としてスタートせざるを得ない。
これが可能となるには、その報酬プランに無理がなく、集会に出続けなくても、自分のできる時間でその販売活動が無理なくスタートできることが肝心です。

 販売員等ロックをした後、さて、何をどうやったらいいのか?
わからないのが普通でしょう。
それを解消するのが、カセットテープ、ビデオ、インターネット、フリーダイヤル、情報ファックスなどです。
また、あなたの疑問に対して、即座に返答をしてくれるでしょうか?
このようなバックアップ体制が必要です。

 ネットワークの仕事はその体前提が流通業であるといえるでしょう。
その場合、最低条件として商品を注文してから最高3日以内に、あなたでなく企業サイドからの配達で、代金支払い、またその管理などはすべて会社がやってくれ、注文後のクーリングオフも3週間以上(一般的な商品は、この程度の期間使用しないと、商品の良さは分からないでしょう。)で、返品自由、返送量会社負担といった、消費者にやさしいシステムであるとこ。
などの諸条件が望まれます。
そうすれば、消費者が商品をご注文した場合の配送に時間を要したり、それが原因であなたが在庫を持つといったリスクを抱えることも防ぐことができます。

 また、いかなる場合にもノルマ的制約があるものは避けたいものです。
毎月の個人消費ノルマなどはその顕著な例です。
またノルマという表現はなくとも、実際の活動の中で強要される場合や、参加した時点で一定量の商品購入を促されることもありますので、必ず確認しましょう。

資料請求は ↓
BSC410
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
ビジネス集
■ 馬 プラセンタ
■ 竹炭の里 『化粧品・炭製品』
■ ダイエットコーヒー
■ パワーストーン
カテゴリ
アンチエイジング
老化防止 http://www.rouka-manabi.com/expression/skin.html 男性の更年期障害・原因と治療 ニキビ治療と対策 40歳代からのアンチエイジング 洗顔方法と洗顔選び
リンク
QRコード
QR
フリーエリア
プロフィール
プラセンタ
RSSリンクの表示
プラセンタ
↑ご購入をご希望の方はこちらから
プラセンタ
★在宅ワーク人気ランキング1位! ★悪徳在宅ワークに引掛らないで!
ランキング
フリーエリア
メンバー 「自己紹介」
キャプチャ69 キャプチャ70.PNG キャプチャ71 キャプチャ72
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。